東大へのリンク用ロゴ
paper

1.研究業績

  • (a) 著書
  • 1) 藤原仁志、荒川忠一、“乱流入門”、東海大学出版会, (1998).
  • 2) 分担:“熱流体とコンピュータアナリシス”、平田賢・岡本史紀編、日刊工業新聞社、(1997).
  • 3) 分担:“計算力学Ⅶ・計算力学における超並列法”,矢川元基・奥田洋司編,養賢堂,(2002).
  • (b) 論文(査読あり)
  • 1) 藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、”圧縮性一様せん断乱流の直接計算手法”、日本機械学会論文集(B)、63-605、(1997)、pp. 161-166.
  • 2) Yi Qian and Chuichi ARAKAWA, "Analysis of Phenomenon of Inlet Reverse Flows in a Pump-Turbine Using 3-D Numerical Technique", ASME FluidEngineering Division Summer Meeting, FEDSM 97-3361, (1997), pp. 1-10.
  • 3) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-StokesSolver with Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing (Application of Extrapolation Method to Linear Equation)", JSME International Joural (B), 40-3, (1997), pp. 351-357.
  • 4) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver with Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing (Application of Extrapolation Method to N-S Equations)", JSME International Joural (B), 40-3, (1997), pp. 358-364.
  • 5) K.Srinivas and Chuichi ARAKAWA, "Computation of Cascade Flow by Schemes", Computational Fluid Dynamics Journal, 6-4, (1998), pp. 87-99.
  • 6) Kenjiro SHIMANO, Yoshiyuki HAMAJIMA, Hideki KATO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver on Massively Parallel Computer Adopting Coupled Method”, Parallel Computational Fluid Dynamics ,(1998), pp. 481-488
  • 7) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver Using Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing", Computational Mechanics, 23, (1999), pp. 172-181.
  • 8) Hitoshi FUJIWARA, Yuichi .MATSUO and Chuichi ARAKAWA, "A Turbulence Model for the Pressure-Strain Correlation Term Accounting for the Effect of Compressibility", Engineering Turbulence Modelling and Measurements-4, (1999), pp. 155-164.
  • 9) Chuichi ARAKAWA, Masaaki OKANO and Hiroharu ITAHARA, “Numerical Analysis of Supersonic Mixing Layer Using LES and Its Application”, ASME/JSME Fluid Engineering Conference, FEDSM99-7315, (1999), pp. 1-8
  • 10) 鈴木正己、荒川忠一、”波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性の解析と設計”、日本機械学会論文集(B)、65-636、(1999)、pp. 164-171.
  • 11) K. SHIMANO and C. ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver Using Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing", Computational Mechanics, 23, (1999), pp. 172-181.
  • 12) 鈴木正己、荒川忠一, "波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性の解析と設計", 日本機械学会論文集(B)、65-636、(1999)、pp. 164-171.
  • 13) 藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、 "圧縮性を考慮した圧力歪み相関項のモデリング",日本機械学会論文集(B編), 65-640, (1999), pp.3906-3911.
  • 14) M. SUZUKI and Ch. ARAKAWA, “Guide Vanes Effect of Wells Turbine for Wave Power Generator”, International J. of Offshore and Polar Engineering Vol.10, No.2, (2000), pp.153-159.
  • 15) H. FUJIWARA, Y. MATSUO and Ch. ARAKAWA, “A Turbulence Model for the Pressure-Strain Correlation Term Accounting for the Effect of Compressibility ”, International J. of Heat and Fluid Flow, Vol.21, (2000), pp. 354-358.
  • 16) 島野健二郎,浜島義之,荒川忠一,“連立解法による非定常非圧縮性流れの超並列計算”,日本機械学会論文集, 66-651, (2000), pp.79-85.
  • 17) 鈴木正己,荒川忠一, "波力発電用ウエルズタービンの三次元失速と生成機構の推定", 日本機械学会論文集(B),67-662,(2001),pp. 17-23.
  • 18) 荒川忠一,有賀誠一,飯田誠,“ヴァナキュラー風車の提案”,環境芸術学会論文集,1-1,(2001),pp. 13-19.
  • 19) M.Suzuki and C.Arakawa, “Numerical Simulation of 3-D Stall Mechanism on Wells Turbine for Wave Power Generating System”, International J. of Offshore and Polar Engineering Vol.11, No.4, (2001), pp.315-320
  • 20) 飯田誠,荒川忠一,“東京港における風力賦存量の推定”,ターボ機械,29-10,(2001),pp.29-34.
  • 21) 清水大志,君塚肇,蕪木英雄,荒川忠一,“並列分子動力学ステンシルの開発”,日本計算工学会論文集,4-22,(2002),pp.225-230.
  • 22) H. Fujiwara, P. Voke and Ch. Arakawa, “Large Eddy Simulaion of TL10 LP Turbine Blade Row”, Engineering Turbulence Modelling and Experiments 5, (2002), pp.751-758.
  • (c) 研究報告、講演、討論
  • 1) 荻野晴朗、荒川忠一、”DSMC法を用いた衝撃波と乱れの干渉の解析”、第12回生研NSTシンポジウム、(1997)、 pp. 77-82.
  • 2) 荻野晴朗、荒川忠一、”DSMC法による衝撃波と渦の干渉の解析”、日本機械学会第74期通常総会講演会講演論文集、 I, (1997)、pp. 46-47.
  • 3) 荒川忠一、浜島義之、荒木健悟、”CFDに関するインターネット論文集作成の試み”、日本機械学会第74期通常総会講演会講演論文集、 I,(1997)、pp.15-16.
  • 4) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Application of Extrapolation Method to Poisson Equation and N-S Equations on Massively parallel Computer", Parallel Computational Fluid Dynamics, (1997), pp. 376-383.
  • 5) Yoshiyuki OOBA and Chuichi ARAKAWA, "Numerical Simulation of Unsteady Compressible Flow around a Circular Cylinder Using Subgrid Scale Model", JSME International Conference on Fluid Engineering, Tokyo, (1997), pp.
  • 1295-1299.
  • 6) 岡野正明、荒川忠一、”LESによる超音速混合層の成長率の予測”、第29回乱流シンポジウム講演論文集、(1997)、pp.249-250.
  • 7) 浜島義之、島野健仁郎、荒川忠一、”連立解法を用いた一般座標系における非圧縮性流体の超並列計算”、第11回数値流体力学シンポジウム、(1997)、pp.395-396.
  • 8) 鈴木良治、銭逸、荒川忠一、”レイノルズ応力モデルによるポンプ水車入口逆流現象の解析”、第40回ターボ機械協会総会講演会、(1998)、pp.47-52.
  • 9) 斉藤健児、浜島義之、島野健仁郎、荒川忠一、”連立解法による非定常非圧縮性流体の超並列計算”、日本機械学会第76期全国大会講演論文集、(1998)、pp.15-16.
  • 10) 長田光広、荒川忠一、”LESによる3次元円柱回りの流れの解析”、日本機械学会第76期全国大会講演論文集、(1998)、pp.83-84.
  • 11) Y.Qian, R.Suzuki and C.Arakawa, “Multiple Channel Computations of 3-D Unsteady Simulation In A Pump-Turbine Using Zonal Techniques”, Proceedings of the XIX IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Cavitation, Vol.1, (1998), pp.183-191.
  • 12) 藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、“圧縮性を考慮した圧力歪み相関項のモデリング”、第12回数値流体力学シンポジウム、(1998)、pp.197-198
  • 13) 飯田誠、松宮ひかる、荒川忠一、“擬似圧縮性解法による三次元風車の数値解析”、第12回数値流体力学シンポジウム、(1998)、pp.525-526
  • 14) 長田光広、荒川忠一、“LESによる3次元円柱周り流れの解析”、第12回数値流体力学シンポジウム、(1998)、pp.177-178
  • 15) M.Suzuki and C.Arakawa, “Guide Vane Effect of Wells Turbine for Wave Power Generator”, Proceedings of the Ninth International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, (1999), pp.162-168.
  • 16) 鈴木正己、荒川忠一、“数値解析による波力発電用ウエルズタービン周りの流れ”、日本機械学会1999年度年次大会講演論文集Ⅳ、(1999)、pp.199-200.
  • 17) 鈴木正己、宮下秀三、市川保正、斎藤静雄、荒川忠一、“煙風洞を利用した物体周りの流れ”、日本機械学会1999年度年次大会講演論文集Ⅴ、(1999)、pp.470-471.
  • 18) 飯田 誠、荒川 忠一、松宮 煇: 重合格子・擬似圧縮性を用いた風車数値シミュレーション. 日本機械学会第77期流体工学部門講演会講演論文集,728,pp.491-492, 1999.
  • 19) 飯田 誠、荒木 健吾、荒川 忠一、松宮 煇: 水平軸風車における重合格子法を用いた数値シミュレーション. 第13回数値流体力学シンポジウム講演論文集,pp.143-146, 1999.
  • 20) H.FUJIWARA, Y.MATSUO and C.ARAKAWA, "A Turbulence Model for the Pressure-Strain Correlation Term Accounting for the Effect of Compressibility", Engineering Turbulence Modelling and Measurements-4,(1999), pp. 155-164.
  • 21) M.Suzuki and C.Arakawa, "Guide Vane Effect of Wells Turbine for Wave Power Generator", Proceedings of the Ninth International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, (1999), pp.162-168.
  • 22) M.NAGATA and C.ARAKAWA, "LES Analysis of 3D Flow around a Circular Cylinder", Proceedings of International Gas Turbine Congress 1999 Kobe,(1999), pp. 519-524.
  • 23) 鈴木正己、荒川忠一, "数値解析による波力発電用ウエルズタービン周りの流れ", 日本機械学会1999年度年次大会講演論文集,(1999), pp.199-200.
  • 24) 鈴木正己、宮下秀三、市川保正、斎藤静雄、荒川忠一, "煙風洞を利用した物体周りの流れ", 日本機械学会1999年度年次大会講演論文集、(1999)、pp.470-471.
  • 25) 飯田誠、荒川忠一、松宮ひかる, "擬似圧縮性解法による三次元風車の数値解析", 日本機械学会1999年度流体工学部門講演論文集、(1999)、pp.491-492.
  • 26) 鈴木正己、荒川忠一, "波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性の解析", 日本機械学会1999年度流体工学部門講演論文集、(1999)、pp.503-504.
  • 27) 荒川忠一、斎藤健児、浜島義之, "連立解法による非定常非圧縮性流体の超並列計算", 日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集、99-5, (1999), pp.503-504.
  • 28) 荒川忠一、豊田郁夫, "直交適合格子法による複雑形状物体周り流れの解析",日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集、99-5, (1999), pp.505-506.
  • 29) 荒川忠一、荒木健悟, "オブジェクト指向連立解法による非圧縮性流体数値解析", 日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集、99-5,(1999), pp.507-508.
  • 30) 謝正海、荒川忠一, "KIVAによるガスタービン燃焼器のシミュレーション", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.28.
  • 31) 斎藤健児、荒川忠一, "LES導入を目指した非定常非圧縮性流体の超並列計算",第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.170.
  • 32) 豊田郁夫、荒川忠一, "直交適合格子法による円柱周り流れの解析, 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.248.
  • 33) 飯田誠、荒木健悟、荒川忠一、松宮ひかる, "水平軸風車における重合格子法を用いた数値シミュレーション", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.143.
  • 34) 鈴木正己、荒川忠一, "数値解析によるウエルズタービン翼面上の流れと生成機構の推定", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.144.
  • 35) 松本秀晴, 栗山幸介, 荒川忠一,“洋上を含む風車の利用のシミュレーションによる近未来評価”,第16回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, (2000),pp.387-392.
  • 36) 荒川忠一,有賀清一,尾登誠一,“アート性を有する風車タワー周りの流れ数値解析”,日本計算工学会講演論文集,5-1,(2000),pp.177-178.
  • 37) I. Makoto, Ch. Arakawa and H. Matsumiya, “Numerical Simulation ofThree Dimensional HAWT WINDMEL III Rotor”, CD-ROM Proceeding of Wind Power 2000, (2000).
  • 38) 飯田誠,荒川忠一,松宮煇,“CFDによる水平軸風車の3次元流れ解析”,日本流体力学会講演論文集,(2000),pp.433-434.
  • 39) 荒川忠一,斎藤健児,“連立解法を用いた超並列数値流体アルゴリズムのLESへの応用”,日本機械学会講演論文集,No.00-1, Vol. II, (2000), pp.111-112.
  • 40) 飯田誠,荒木健悟,荒川忠一,“擬似圧縮性解法による水平軸風車の数値流体解析”,日本機械学会講演論文集,No.00-1, Vol. IV, (2000), pp.7-8.
  • 41) 宮澤真史,鈴木正己,荒川忠一,“PCクラスターを利用した波力発電用ウェルズタービンの数値解析”,日本機械学会講演論文集,No.00-1, Vol. IV, (2000),pp.29-30.
  • 42) 荒川忠一,松本秀晴,栗山幸介,有賀清一,“エネルギーシミュレーションによる風車普及予測とヴァナキュラー性を有する風車の提案”,日本機械学会講演論文集,No.00-1, Vol. IV, (2000), pp.47-48.
  • 43) 荒川忠一,豊田郁夫,“直交適合格子法による非圧縮性流体解析”,日本機械学会講演論文集,No.00-1, Vol. IV, (2000), pp.241-242.
  • 44) Y. Ooba, Ch. Arakawa, et al, “Large Eddy Simulation Analysis of Lobed Mixer Nozzle”, First International Conference on Computational FluidDynamics, CD-ROM (2000).
  • 45) Ch. Arakawa, K. Saito and K. Shimano,” Massively Parallel Computing with Coupled Algorithm for Introduction of Large-Eddy Simulation”, FirstInternational Conference on Computational Fluid Dynamics, CD-ROM (2000).
  • 46) M. Iida, Ch. Arakawa and H. Matsumiya, “Three Dimensional Flow Analysis of Horizontal Axis Wind Turbine Blade Using Overset Grid Method”, Proceedings of EWEC 21th, CD-ROM, (2000).
  • 47) 荒川 忠一、飯田 誠、松宮 煇、有賀 清一: 3次元風車数値解析とヴァナキュラー風車の提案. 第22回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集, pp.104-107,2000.
  • 48) 謝正海,荒川忠一,“カン型燃焼器の反応流に関する数値解析”,第14回数値流体力学会シンポジウム Vol.14, (2000), pp.1-2.
  • 49) H. Fujiwara, P. Voke and Ch. Arakawa, “LES of TL10 LP Turbine Blade Row”, Proc. of Computational Fluid Dynamics, Vol-14, (2000), pp.69.
  • 50) 鈴木正己,荒川忠一, “翼まわりの数値シミュレーションと格子依存性”,第14回数値流体力学会シンポジウム, Vol.14, (2000), pp.97.
  • 51) 今井隆太、荒川忠一など,“水銀ターゲットの流体構造連成解析コードの開発II”,第14回数値流体力学会シンポジウム, Vol.14, (2000), pp.97.
  • 52) 小林謙一、荒川忠一など,“水銀ターゲットの流体構造連成解析コードの開発Ⅰ”,第14回数値流体力学会シンポジウム, Vol.14, (2000), pp.119.
  • 53) 飯田 誠、松宮 煇、荒川 忠一: 新風力タービンWINDMEL-Ⅲの三次元数値シミュレーション. 機械技術研究所研究発表会 研究発表概要,pp.35, Dec.,2000
  • 54) Makoto Iida, Chuichi Arakawa, Hikaru Matsmiya, “Three-Dimensional Navier-Stkes Flow-Field Computations through Horizontal Axis Wind Turbine Blade”, AIAA-Paper, 2001-0058, (2001), pp.340-346.
  • 55) Makoto Iida, Chuichi Arakawa, Hikaru Matsumiya: The Three Dimensional Numerical Simulation of WINDMEL, 2001 EWEC, Copenhagen, Denmark, July 2-6,2001.
  • 56) 飯田 誠,荒川 忠一,松宮 煇:水平軸風車WINDMELⅢのNavier-Stokes解析,日本機械学会2001年度年次大会講演論文集(Ⅱ),pp.317-318, 2001.
  • 57) 貞住 武志,飯田 誠,荒川 忠一,松宮 煇:モデル風車の数値解析,日本機械学会2001年度年次大会講演論文集(Ⅱ),pp.319-320, 2001.
  • 58) 飯田誠, 荒川忠一, 有賀清一. 東京湾における風力エネルギー賦存量の推算と環境公園. 第23回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集 2001; pp.199-202.
  • 59) 飯田誠, 荒川忠一, 松宮煇. 水平軸風車の三次元シミュレーション. 第23回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集 2001; pp.80-83.
  • 60) 松宮煇, 小垣哲也, 飯田誠, 稲葉隆成. 小型風力タービン用翼型および翼型データベースの開発. 第23回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集 2001;pp.84-87.
  • 61) 飯田 誠,荒川 忠一,松宮 煇:“水平軸風車の三次元非定常数値解析”、第15回数値流体力学シンポジウム講演論文集,2001,pp.191.
  • 62) 神保 紘史,荒川 忠一,飯田 誠,謝 正海:マイクロガスタービンシステムの全体シミュレーションにむけて”,第15回数値流体力学シンポジウム講演論文集,2001,pp.202.
  • 63) 鈴木正己,荒川忠一,“k-εモデルによる翼特性の推定と可能性の検討”,日本機械学会講演論文集(Ⅱ),No.01-1,(2001),pp.305-306.
  • 64) 荒川忠一、伊藤隆道、松村誠一郎、鈴木太朗、“視聴覚連繋作用と気泡を用いたインタラクティブサウンドアート”、情報処理学会研究報告2001-MUS-43、第43号、(2001)、pp.33-38.
  • 65) Fleig Oliver, 鈴木正己,飯田誠,荒川忠一,“風車翼型における低マッハ数域圧縮性数値計算コードの適応性”,日本機械学会講演論文集(Ⅲ),No.02-1,(2002),pp.161-162.
  • 66) 鈴木正己,荒川忠一,“波浪エネルギー変換用空気室特性の計算方法”,日本機械学会講演論文集(Ⅲ),No.02-1,(2002),pp.171-172.
  • 67) Masami SUZUKI, Chuichi ARAKAWA, “Design Method of Wave Power Generating System with Wells,” Proceedings of the 12th International Offshore and Poplar Engineering Conference, Kitakyushu, ISOPE, CDROM,(2002). pp.527-533.
  • 68) 馬場洋一、栗山幸介、松本秀晴、荒川忠一、”気候,経済,技術を考慮した新しい統合モデルの作成”、 エネルギー資源学会第20回研究発表会講演論文集、(2001)、pp.365.
  • 69) 浅野裕洋,荒川忠一,“回転振動を伴う円柱周りの流れの抵抗減少の数値解析”,日本機械学会講演論文集(Ⅲ),No.02-1,(2002),pp.353-354.
  • 70) Oliver Fleig, Makoto Iida, Chuichi Arakawa: “Aeroacoustics Simulation around a wind turbine blade using Compressible LES and Linearized Euler Equat
  • ions”, DGLR-Report 2002-03, Proceedings LES for Acoustics, Goettingen, Germany, October 7-8, 2002.
  • 71)松村誠一郎、鈴木太朗、荒川忠一、伊藤隆道“気泡と音響を用いたインタラクティブアート”,環境芸術学会論文集第2号(2002), pp29-36
  • (d) 調査研究報告書等
  • 1) 荒川忠一、”乱流モデル”、日本ガスタービン学会誌、26-102、(1998),pp.11-13.
  • 2) 荒川忠一、”マイクロガスタービン開発技術の動向”、FC NEWS LETTER、11-4、(1999), pp.10.
  • 3) 荒川忠一、“風車のシミュレーションとデザイン”、ターボ機械、29-9、(2001)、pp.28-33.
  • (e) オンラインジャーナル
  • 1) 清水 大志,君塚 肇,蕪木 英雄,荒川 忠一,“並列分子動力学ステンシルの開発”,日本計算工学会論文集,論文番号20020015,(2002), http://homer.shinshu-u.ac.jp/jsces/ .
  • (f) 一般向け文書(エッセイなど)
  • 1) 荒川忠一、“デザイン性豊かなヴァナキュラー風車”、月刊・エネルギー、2001-2、(2001)、pp.60-63.
  • 2) 荒川忠一, “風力発電・環境との調和を目指すウインドファーム”, デザイン・レヴュー2000 (INAX出版), (2000),pp.387-392.
  • 3) 荒川忠一、“風車のシミュレーションとデザイン”、クリーンエネルギー、10-12、(2001)、pp.7-12.
  • (g) 一般向け講演および討論など
  • 1) 荒川忠一、基調講演“風車パラダイム変換”、日本機械学会2002年度年次大会、(2002).
  • 2) 荒川忠一,講演“風車パラダイムシフトと東京湾風車環境公園の提言”,地球文明リサーチ・センター主催・風力発電ビジネス戦略セミナー2002,(2002).
  • 3) 荒川忠一,講演“風力開発の新パラダイム・風車の普及による新しいデザインの機運”,日本エネルギー学会・新エネルギー部会第4回セミナー「風力技術の最前線」,(2002).
  • 4) 荒川忠一,特別講演“マイクロガスタービン開発技術の動向”,燃料電池シンポジウム,(1999).

2.受賞

  • 1) 作品"Water Canvas with Ears"(2001年)
  • 2002年第5回文化庁メディア芸術祭 インタラクティブアート部門審査委員会推薦作品に選出。
  • 2) 作品"Liquid Sculpture"(2002年)
  • 2002年アジアデジタルアート大賞インタラクティブアート部門大賞受賞。
  • 2002年waSABI GRAND Prix waSABI芸術賞(インタラクティブアート部門)受賞

1999年以前

  • 研究論文:
  • 1) 荒川忠一、田古里哲夫、白倉昌明、”軸流ポンプ動翼の三次元境界層に関する研究”、日本機械学会論文集(B), 49-437, (1983), pp.33-43.
  • 2) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”波力発電用ウェルズタービンの基礎研究(第1報、弦節比変化の影響および自己起動の定式化)”、日本機械学会論文集(B), 50-449, (1984), pp.241-248.
  • 3) 伊藤真一郎、荒川忠一、田古里哲夫、”軸流ポンプ動翼における三次元境界層の微分解法”、日本機械学会論文集(B), 50-454, (1984), 1491-1499.
  • 4) Masami SUZUKI, Chuichi ARAKAWA and Tetsuo TAGORI, "Fundamental Studies on Wells Turbine for Wave Power Generator", Bulletin of JSME, 27-231, (1984),pp.1925-1931.
  • 5) 木下健、増田光一、宮島省吾、荒川忠一、加藤渉、”固定式振動水柱型波浪発電装置のシステム・シミュレーションの実海域試験との比較”、日本造船学会論文集, 158, (1985), pp.233-237.
  • 6) 荒川忠一、Bernhardt SCHOENUNG, Wolfgang RODI, ”多重格子法によるナビエ・ストークス方程式の分離解法の高速化”、日本機械学会論文集(B), 54-498, (1988), pp.290-296.
  • 7) Chuichi ARAKAWA, A.O. DEMUREN, Wolfgang RODI and Bernhardt SCHOENUNG, "Application of Multigrid Methods for the Coupled and Decoupled Solution of the Incompressible Navier-Stokes Equations", Notes on Numerical Fluid Mechanics, 20, (1988), pp.1-8.
  • 8) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”波力発電用ウェルズタービンの基礎研究(第2報、翼端すきまの影響)”、日本機械学会論文集(B), 54-499, (1988), pp. 609-615.
  • 9) 谷口伸行、荒川忠一、小林敏雄、”ヴォロノイ分割を用いた有限体積法による流れ場計算手法の構成”、日本機械学会論文集(B), 55-513, (1989), pp.1324-1328.
  • 10) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”ウェルズタービンを用いた波力発電装置の設計法”、日本機械学会論文集(B), 55-513, (1989), pp.1377-1385.
  • 11) 谷口伸行、荒川忠一、小林敏雄、田古里哲夫、”一般座標系有限体積法による自動車まわり流れの数値シミュレーション”、日本機械学会論文集(B), 55-518, (1989), pp.3026-3032.
  • 12) 山本誠、小川雄司、荒川忠一、田古里哲夫、”ターボファンエンジン・ローブミキサ流れの乱流計測”、日本機械学会論文集(B), 56-521, (1990), pp.40-43.
  • 13) 山本誠、荒川忠一、田古里哲夫、”応力方程式モデルによるローブ・ミキサ流の数値計算”、日本機械学会論文集(B), 56-522, (1990), pp.460-466.
  • 14) Nobuyuki TANIGUCHI, Chuichi ARAKAWA and Toshio KOBAYASHI, "Construction of a Flow-Simulating Method with Finite Volume Based on a Voronoi diagram", JSME International Journal, Series Ⅱ, 34-1, (1991), 18-23.
  • 15) Chuichi ARAKAWA, Masahiro SAMEJIMA, Yuichi MATSUO and Takashi KUBOTA, "Computational Simulation of Francis Water Runner with Pseudo-Compressibility", FED-Vol.120, Numerical Simulation in Turbomachinery ASME, (1991), pp.119-124.
  • 16) 松尾裕一、荒川忠一、斉藤茂、小林紘 ”高速プロペラまわりの三次元粘性流の数値解析”、日本機械学会論文集(B),57-533,(1991),pp.145-152.
  • 17) Chuichi ARAKAWA, Yi QIAN, Masahiro SAMEJIMA, Yuichi MATSUO and Takashi KUBOTA, "Turbulent Flow Simulation of Francis Water Runner with Pseudo-Compressibility", Notes on Numerical Fluid Mechanics, 35, (1992), pp.259-268.
  • 18) 藤原仁志、荒川忠一、”圧縮性一様等方性乱流の直接数値計算とモデルの提案”、日本機械学会論文集(B),59-559,(1993),pp.72-77.
  • 19) 鈴木正己、荒川忠一、”波力タービンによる圧縮空気生成システム”、日本機械学会論文集(B),59-561,(1993),pp.1607-1613.
  • 20) Yi QIAN and Chuichi ARAKAWA, "Turbulent Flow Simulation around an Aero-foil with Pseudo-Compressibility", Engineering Turbulence Modelling and Experiments 2, (1993), pp.701-710.
  • 21) 北村修、山本誠、荒川忠一、川田裕、”応力方程式モデルによるサイクロン内乱流の数値計算”、日本機械学会論文集(B),59-562,(1993),pp.1959-1964.
  • 22) 前川博、荒川忠一、藤原仁志、”圧縮性混合層の不安定モード”、日本機械学会論文集(B),59-566,(1993),pp.2997-3002.
  • 23) 島野健仁郎、荒川忠一、”領域分割を用いた並列計算手法による非圧縮性流れの数値解析”、日本機械学会論文集(B),59-567,(1993),pp.3340-3346.
  • 24) 荒川忠一、銭 逸、久保田喬、”擬似圧縮性解法によるフランシス水車ランナの乱流数値解析”、日本機械学会論文集(B),60-573,(1994),pp.1661-1668.
  • 25) 銭 逸、荒川忠一、鈴木良治、新倉祥之、”三次元乱流解析技術によるバルブ水車ランナの内部流れ解析”、ターボ機械、22-10, (1994), pp.608-612
  • 26) 藤原仁志、荒川忠一、”圧縮性乱流のモデリングに関する研究”、日本機械学会論文集(B), 61-586, (1995), pp.2031-2036.
  • 27) Chuichi ARAKAWA, Hitoshi FUJIWARA, "Construction and Validation of Modeling for Compressible Turbulent Flows Incorporating the Effect of Density Fluctuations", Transitional & Turbulent Compressible Flows ASME, FED-Vol. 224, (1995), pp.131-138.
  • 28) Yi QIAN, R.SUZUKI, Y.KIMOTO, Y.NIIKURA and Chuichi ARAKAWA, "3-D Numerical Analysis of Bulb Turbine Runner Performance with and without Tip Clearance", Numerical Simulations in Turbomachinery ASME, FED-Vol.227, (1995), pp.19-27.
  • 29) Chuichi ARAKAWA Yi QIAN and Takashi KUBOTA, "Turbulent Flow Simulation of a Runner for Francis Hydraulic Turbines Using Pseudo-Compressibility", J. Fluids Engineering, ASME vol. 118(1996), 285-291.
  • 30) Hitoshi FUJIWARA and Chuichi ARAKAWA, "Modelling of Compressible Turbulent Flows with Emphasis on Pressure-Dilatation Correlation", Engineering Turbulence Modelling and Measurements-3, (1996), pp. 151-160.
  • 31)Chuichi ARAKAWA and Shunji ENOMOTO, "Navier-Stokes Simulation of a Supersonic Inlet Flowfield with Shock/Boundary-Layer Interactions", Journal of the Graduate School and Faculty of Engineering, Vol. XLIII, No. 4 (1996), pp. 353-364.
  • 32)島野健仁郎、荒川忠一、”外挿法による超並列計算機に適した非圧縮性流れ計算手法の研究 (第1報、外挿法の線形方程式への適用)”、日本機械学会論文集(B)62-600、(1996)、pp. 115-120.
  • 33)島野健仁郎、荒川忠一、”外挿法による超並列計算機に適した非圧縮性流れ計算手法の研究(第2報、外挿法のN-S方程式への適用)”、日本機械学会論文集(B)、 62-603、(1996)、pp. 145-150.
  • 34)鈴木正己、荒川忠一、”固定型波力エネルギー変換装置の空気室特性の算出法”、日本機械学会論文集(B)、62-604、(1996)、pp. 121-127.
  • 35)藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、”圧縮性一様せん断乱流の直接計算手法”、日本機械学会論文集(B)、63-605、(1997)、pp. 161-166.
  • 36)Yi Qian and Chuichi ARAKAWA, "Analysis of Phenomenon of Inlet Reverse Flows in a Pump-Turbine Using 3-D Numerical Technique", ASME Fluid Engineering Division Summer Meeting, FEDSM97-3361, (1997), pp. 1-10.
  • 37) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver with Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing (Application of Extrapolation Method to Linear Equation)", JSME International Joural (B), 40-3, (1997), pp. 351-357.
  • 38) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver with Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing (Application of Extrapolation Method to N-S Equations)", JSME International Joural (B), 40-3, (1997), pp. 358-364.
  • 39) K.Srinivas and Chuichi ARAKAWA, "Computation of Cascade Flow by Schemes", Computational Fluid Dynamics Journal, 6-4, (1998), pp. 87-99.
  • 40) Kenjiro SHIMANO, Yoshiyuki HAMAJIMA, Hideki KATO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver on Massively Parallel Computer Adopting Coupled Method”, Parallel Computational Fluid Dynamics ,(1998), pp. 481-488
  • 41) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver Using Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing", Computational Mechanics, 23, (1999), pp. 172-181.
  • 42) Hitoshi FUJIWARA, Yuichi .MATSUO and Chuichi ARAKAWA, "A Turbulence Model for the Pressure-Strain Correlation Term Accounting for the Effect of Compressibility", Engineering Turbulence Modelling and Measurements-4, (1999), pp. 155-164.
  • 43) Chuichi ARAKAWA, Masaaki OKANO and Hiroharu ITAHARA, “Numerical Analysis of Supersonic Mixing Layer Using LES and Its Application”, ASME/JSME Fluid Engineering Conference, FEDSM99-7315, (1999), pp. 1-8
  • 44)鈴木正己、荒川忠一、”波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性の解析と設計”、日本機械学会論文集(B)、65-636、(1999)、pp. 164-171.
  • 45) K. SHIMANO and C. ARAKAWA, "Incompressible Navier-Stokes Solver Using Extrapolation Method Suitable for Massively Parallel Computing", Computational Mechanics, 23, (1999), pp. 172-181.
  • 46) M.OKANO and H.ITAHARA, "Numerical Analysis of Supersonic Mixing Layer Using LES and Its Application C.ARAKAWA", ASME-FEDSM99-7315, (1999), pp. 1-8.
  • 47) 鈴木正己、荒川忠一, "波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性の解析と設計", 日本機械学会論文集(B)、65-636、(1999)、pp. 164-171.
  • 48) 藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、 "圧縮性を考慮した圧力歪み相関項のモデリング",日本機械学会論文集(B編), 65-640, (1999), pp.3906-3911.
 
  • 解説論文、総合報告、速報等:
  • 1) 荒川忠一、田古里哲夫、”レーザ・ドップラ流速計による羽根車内の計測”、ターボ機械, 11-3, (1983), pp.18-26.
  • 2) 荒川忠一、田古里哲夫、”油膜法における油膜パターンの生成機構、その解釈と利用例”、流れの可視化, 4-12, (1984), pp.17-24.
  • 3) 荒川忠一、”波浪エネルギー二次変換装置”、第1回波浪エネルギー利用シンポジウム, (1984), pp.93-103.
  • 4) 荒川忠一、”マルチグリッド法による数値計算”、第28回生研講習会「数値乱流工学」テキスト, (1988), pp.149-164.
  • 5) 荒川忠一、”翼・プロパルサに対するCFDの応用”、日本造船学会「次世代船開発のための推進工学シンポジウム」, (1988), pp.35-60.
  • 6) 荒川忠一、”熱・流体力学における数値計算教育システムの開発”、東京大学機械工学科パートナーシップ・プログラム, (1989), pp.51-64.
  • 7) 荒川忠一、”差分法基礎”、日本機械学会講習会教材,No.910-1, (1991), pp.1-11.
  • 8) 荒川忠一、”乱流モデル”、日本ガスタービン学会「ガスタービンに関連する数値解析上の諸問題」, (1992), pp.33-40.
  • 9) 荒川忠一、”並列計算による非圧縮性流れの効率的な数値予測”、コンピュトロール「計算力学における並列コンピューティング」, 40, (1992), pp.67-73.
  • 10) 荒川忠一、”翼まわりの剥離乱流”、日本機械学会セミナー&ワークショップ「剥離乱流のCFD」, No.930-50, (1993), pp.25-30.
  • 11) 荒川忠一、”数値流体力学におけるパラレルコンピューティング”、日本機械学会講演論文集,No.940-10, (1994), pp.191.
  • 12) 荒川忠一、”圧縮性乱流”、ながれ、14, (1995), pp.117-119.
  • 13) 荒川忠一、”圧縮性乱流”、日本数値流体力学会講習会教材、(1995), pp.126-156.
  • 14) 荒川忠一、”乱流モデル”、日本ガスタービン学会誌、26-102、(1998), pp.11-13.
  • 15) 荒川忠一、”マイクロガスタービン開発技術の動向”、FC NEWS LETTER、11-4、(1999), pp.10.
  • 講演発表(国際会議も含む):
  • 1) 荒川忠一、白倉昌明、”ポンプのインデューサにおけるキャビテーションに起因する振動の解明”、日本機械学会関西支部第52期定時総会講演会講演論文集, (1977), pp.76-79.
  • 2) 荒川忠一、宇治野功、田古里哲夫、”回転円板における油膜の基礎実験”、第7回可視化シンポジウム講演論文集, (1979), pp.85-90.
  • 3) 荒川忠一、田古里哲夫、白倉昌明、”軸流ポンプ動翼の三次元乱流境界層計算”、日本機械学会第903回講演論文集,No.790-10, (1979), pp.330-332.
  • 4) Chuichi ARAKAWA and Tetsuo TAGORI, "Fundamental Experiments of Oil Films on a Rotating Disk", Proceedings of the Second International Symposium on Flow Visualization", (1980), pp.127-131.
  • 5) Chuichi ARAKAWA, Tetsuo TAGORI and Masaaki SHIRAKURA, "Analysis of Three Dimensional Turbulent Boundary Layer on the Rotating Blade of Axial Flow Pump", IAHR Symposium 1980 Tokyo, (1980), pp.341-351.
  • 6) 片桐優、荒川忠一、田古里哲夫、”レーザ・ドップラ流速計による渦巻ポンプ動翼間の流速計測法”、日本機械学会講演論文集,No.810-15, (1981), pp.32-34.
  • 7) 鈴木正己、荒川忠一、”小型自動トラバース装置による動翼面上境界層計測”、日本機械学会講演論文集,No.810-15, (1981), pp.35-37.
  • 8) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”ウエルズ・タービンにおける性能試験及び性能計測”、第12回ターボ機械講演会, (1982), pp.89-94.
  • 9) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”ウエルズ・タービン動翼形状の違いによる性能比較(矩形および扇形の影響)”、第13回ターボ機械講演会, (1983), pp.62-67.
  • 10) 伊藤真一郎、荒川忠一、田古里哲夫、”軸流ポンプ動翼における三次元境界層の微分解法”、日本機械学会講演論文集,No.830-4, (1983), pp.197-204.
  • 11) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”波力発電用ウエルズタービンの基礎研究”、日本機械学会講演論文集,No.921, (1983), pp.1-7.
  • 12) 荒川忠一、鈴木正己、木下健、”ウエルズタービンを用いた固定振動水柱型波力発電装置の研究”、日本機械学会講演論文集,No.830-12, (1983), pp.370-372.
  • 13) 鈴木寛、荒川忠一、田古里哲夫、小倉理一、”回転楕円体周りの流れの解析”、日本機械学会講演論文集,No.830-12, (1983), pp.130-132.
  • 14) 山本誠、荒川忠一、田古里哲夫、”改良型 k-εモデルによる同軸噴流の研究”、日本機械学会講演論文集,No.840-12, (1984), pp.89-91.
  • 15) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”ウエルズタービンと空気室からなる波力発電装置の基礎研究”、第1回波浪エネルギー利用シンポジウム講演論文集, (1984), pp.201-210.
  • 16) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”波力発電用ウエルズタービンにおける動翼面上の流れ”、流れの可視化, 4-Suppl., (1984), pp.51-56.
  • 17) 松尾裕一、荒川忠一、田古里哲夫、”パソコンによる遷音速流れの解析および可視化”、流れの可視化、7-26, (1987), pp.77-80.
  • 18) 谷口伸行、荒川忠一、小林敏雄、”ヴォロノイ図を用いた有限体積法による流れ場計算手法の構成”、日本機械学会講演論文集,No.870-9, (1987), pp.4-5.
  • 19) 荒川忠一、生澤猛、榎本俊治、”多重格子法における非圧縮性ナビエストークス方程式の解法”、第1回数値流体力学シンポジウム, (1987), pp.5-8.
  • 20) 松尾裕一、斉藤茂、荒川忠一、小林紘、”高速プロペラまわりの流れの数値解析”、第1回数値流体力学シンポジウム, (1987), pp.91-94.
  • 21) 鈴木正己、荒川忠一、田古里哲夫、”波力発電用ウエルズタービン性能に及ぼす諸因子の影響”、第2回波浪エネルギー利用シンポジウム, (1987), pp.73-81.
  • 22) 荒川忠一、榎本俊治、”2方程式モデル乱流数値計算の多重格子法による加速化”、第3回生研NSTシンポジウム, (1988), pp.1-4.
  • 23) 谷口伸行、荒川忠一、小林敏雄、田古里哲夫、”一般座標系有限体積法による自動車まわり流れの数値シミュレーション”、生産研究, 40-1, (1988), pp.47-50.
  • 24) 荒川忠一、鈴木正己、田古里哲夫、”波力発電用ウエルズタービンの性能改善”、エネルギー・資源研究会第6回研究発表会講演論文集, (1988), pp.39-44.
  • 25) Yuichi MATSUO, Chuichi ARAKAWA, Shigeru SAITO and Hiroshi KOBAYASHI, "Navier-Stokes Computations for Flowfield of an Advanced Turboprop", AIAA paper, AIAA-88-3094, (1988), pp.1-12.
  • 26) 白戸智、田古里哲夫、岡本恒、荒川忠一、”ソーラポンドの熱抽出に伴う流れの研究”、流れの可視化, 8-30, (1988), pp.117-120.
  • 27) 榎本俊治、荒川忠一、”多重格子法による2方程式モデル乱流計算の高速化”、第1回数値流体力学シンポジウム, (1988), pp.291-294.
  • 28) 谷口伸行、荒川忠一、小林敏雄、田古里哲夫、”一般座標系有限体積法による自動車まわり流れの数値シミュレーション”、日本機械学会講演論文集,No.88-0429, (1988), pp.1-7.
  • 29) Yuichi MATSUO, Chuichi ARAKAWA, Shigeru SAITO and Hiroshi KOBAYASHI, "Navier-Stokes Simulations around a High Speed Propeller", A Collection of Technical Papers ISCFD NAGOYA, (1989), pp.554-559.
  • 30) Shunji ENOMOTO and Chuichi ARAKAWA, "An Application of the Multigrid Methods for Turbulent Flow Calculation", A Collection of Technical Papers ISCFD NAGOYA, (1989), pp.1162-1167.
  • 31) Yuichi MATSUO, Chuichi ARAKAWA, Shigeru SAITO and Hiroshi KOBAYASHI, "Navier-Stokes Simulations around a Propfan Using Higher-Order Upwind Schemes", AIAA Paper, AIAA-89-2699, (1989), pp.1-9.
  • 32) Makoto YAMAMOTO, Chuichi ARAKAWA and Tetsuo TAGORI, "Development of a New Low-Reynolds-Number Type Reynolds Stress Model and it's Application to a Lobe Mixer Flow", Seventh Symposium on Turbulent Shear Flows, (1989), pp.13.3.1-13.3.6.
  • 33) 山本誠、小川雄司、荒川忠一、田古里哲夫、”ターボファンエンジン・ローブミキサ流れの乱流計測”、日本機械学会講演論文集,No.89-0508, (1989),pp. 1-4.
  • 34) 山本誠、荒川忠一、田古里哲夫、”応力方程式モデルによるローブ・ミキサ流の数値計算”、日本機械学会講演論文集,No.89-0509, (1989), pp.1-7.
  • 35) 榎本俊治、荒川忠一、”多重格子法による2方程式モデル乱流計測の高速化”、第3回数値流体力学シンポジウム, (1989), pp.319-322.
  • 36) 鮫島正大、荒川忠一、松尾裕一、久保田喬、”擬似圧縮性を用いたフランシス水車流れの数値解析”、第3回数値流体力学シンポジウム, (1989), pp.579-582.
  • 37) Yuichi MATSUO, Chuichi ARAKAWA, Shigeru SAITO and Hiroshi KOBAYASHI, "Navier-Stokes Simulations around a High Speed Propeller", 3rd Inter-national Symp. Comput. Fluid Dynamics-Nagoya, (1989), pp.523-529.
  • 38) Shunji ENOMOTO and Chuichi ARAKAWA, "An Application of the Multigrid Methods for Turbulent Flow Calculation", 3rd International Symp. Comput. Fluid Dynamics-Nagoya, (1989), pp.1006-1011.
  • 39) 荒川忠一、鈴木正己、”波力発電用ウエルズタービンのロータ形状の選定”、豊田研究報告, 43, (1990), pp.47-53.
  • 40) Chuichi ARAKAWA, Masahiro SAMEJIMA, Yuichi MATSUO and Takashi KUBOTA, " Numerical Simulation of Francis Runner Using Pseudocompressibility", IAHR Symposium Belgrade, (1990), pp.C1.1-10.
  • 41) 松尾裕一、荒川忠一、斉藤茂、小林紘、”高速プロペラまわりの三次元粘性流の数値解析”、日本機械学会講演論文集,No.900-59, (1990), pp.280-282.
  • 42) 平井健二、荒川忠一、”ファンエンジンのストラットまわり流れの数値解析”、日本機械学会講演論文集,No.910-50, (1991), pp.37-38.
  • 43) 榎本俊治、荒川忠一、”超音速インテーク内流れの乱流数値解析”、日本機械学会講演論文集,No.910-50, (1991), pp.142-144.
  • 44) 鈴木正己、荒川忠一、”波力発電防波堤のエネルギ変換特性”、日本機械学会講演論文集,No.910-50, (1991), pp.320-322.
  • 45) Makoto YAMAMOTO and Chuichi ARAKAWA, "Study on the Pressure-Strain Term in Reynolds Stress model", Eighth Symposium on Turbulent Shear Flows, (1991), III-17-1-2.
  • 46) 銭逸、荒川忠一、”擬似圧縮性を用いる翼まわり流れの乱流数値解析”、第5回数値流体力学シンポジウム講演論文集, (1991), pp.235-238.
  • 47) 鮫島正大、荒川忠一、”スクラムジェットエンジン燃焼器流れの数値シミュレーション”、第5回数値流体力学シンポジウム講演論文集, (1991), pp.417-419.
  • 48) 島野健仁郎、荒川忠一、”トランスピュータによる非圧縮性流れの並列計算”、第5回数値流体力学シンポジウム講演論文集, (1991), pp.439-442.
  • 49) 前川博、荒川忠一、藤原仁志、”圧縮性混合層の不安定モード”、日本機械学会講演論文集,No.920-17, (1992), pp.287-289.
  • 50) Shunji ENOMOTO and Chuichi ARAKAWA, "2-D and 3-D Numerical Simulation of a Supersonic Inlet Flowfield", Computational Fluid Dynamics '92, Vol. 2, (1992), pp.781-788.
  • 51) 北村修、山本誠、荒川忠一、川田裕、”応力方程式モデルによるサイクロン内乱流の数値計算”、第6回数値流体力学シンポジウム講演論文集, (1992), pp. 289-292.
  • 52) 藤原仁志、荒川忠一、”圧縮性一様等方性乱流の直接数値計算とモデルの提案”、第6回数値流体力学シンポジウム講演論文集, (1992), pp.325-328.
  • 53) Chichi ARAKAWA, Masahiro SAMEJIMA, Takashi KUBOTA and Ryuji SUZUKI, "A 3D Euler Solution of Francis Runner Using Pseudo-Compressibility", Notes on Numerical Fluid Mechanics, 39, (1993), pp.65-69.
  • 54) Hitoshi FUJIWARA and Chuichi ARAKAWA, "Direct Numerical Simulation and Modelling of Compressible Isotropic Turbulence", Ninth Symposium on Turbulent Shear Flows", (1993), pp.22-2-1-6.
  • 55) Shunji ENOMOTO and Chuichi ARAKAWA, "Numerical Simulation of Supersonic Inlet Flow", Proc. of the 5th Int. Symp. on Computational Fluid Dynamics", Vol. I, (1993), pp.166-171.
  • 56) 手塚央、荒川忠一、”2方程式乱流モデルを用いた海陸風の2次元数値解析”、日本機械学会講演論文集,No.930-71, (1993), pp.98-98.
  • 57) 島野健仁郎、荒川忠一、”連立解法による重力流の数値解析”、日本機械学会講演論文集,No.930-71, (1993), pp.99-100.
  • 58) Masami SUZUKI and Chuichi ARAKAWA, " The Efficient Production of Submerged and Compressed Air with Wave Power Energy", International Symposium on Ocean Energy Development, (1993), pp.271-280.
  • 59) 藤原仁志、荒川忠一、”衝撃波通過時の乱流の変化を考慮した圧縮性乱流のモデリングに関する研究”、第7回数値流体力学シンポジウム講演論文集, (1993), pp.355-358.
  • 60) 荒川忠一、藤原仁志、”圧縮性乱流の直接計算とモデルの提案”、第9回生研NSTシンポジウム, (1994), pp.1-7.
  • 61) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Numerical Simulation of Incompressible Flow on Parallel Computer with the Domain Decomposition Technique", Preprints of PARALLEL CFD, (1994), pp.131-134.
  • 62) 大庭芳則、荒川忠一、”三次元タービン翼列の乱流数値解析”、第22回ガスタービン定期講演会論文集、(1994), pp.107-113.
  • 63) Yi QIAN, Chuichi ARAKAWA, Takashi KUBOTA and Ryoji SUZUKI, "Numerical Flow Simulation on Channel Vortex in Francis Runner", 17th IAHR Symposium, (1994) (To appear).
  • 64) Yi QIAN, Chuichi ARAKAWA, R.SUZUKI, Y.KIMOTO, Y.NIIKURA, "Analysis of Hitoshi FUJIWARA, "Bulb Turbine Runner Performance using Advanced Three-Dimensional Numerical Techniques", 8th International Seminar on Water Energy Plants, Wien, (1994), pp.237-247.
  • 65) Yi QIAN, Chuichi ARAKAWA, R.SUZUKI, Y.KIMOTO, Y.NIIKURA, "Analysis of Bulb Turbine Runner Performance using Advanced Three-Dimensional Numerical Techniques", 8th International Seminar on Water Energy Plants, Wien, (1994), pp.1-7.
  • 66) 島野健仁郎、荒川忠一、”外挿法の楕円型方程式への適用”、日本機械学会講演論文集,940-54,(1994),pp.208-209.
  • 67) 藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、”圧縮性乱流のモデリングに関する研究”、第10回生研NSTシンポジウム講演論文集、(1995), pp.105-110.
  • 68) 島野健仁郎、荒川忠一、”外挿法のN-S方程式への適用”、日本機械学会第8回計算力学講演会講演論文集, 95-4,(1995), pp. 299ー300.
  • 69) Hitoshi FUJIWARA and Chuichi ARAKAWA, ”Modeling the Pressure-Dilatation Correlation in Isotropic and Homogeneous Sheared Turbulence”, Tenth Symposium on Turbulent Shear Flows, (1995), pp.26.1-6.
  • 70)藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、”せん断流における圧縮性の影響”、第9回数値流体力学シンポジウム、(1995)、pp.255-256
  • 71)高橋政克、荒川忠一、”非圧縮性流れの各種数値解析手法の性能比較”、第9回数値流体力学シンポジウム、(1995)、pp. 107ー108.
  • 72)荻田章博、藤原仁志、荒川忠一、”衝撃波を伴う流れにおける圧縮性乱流モデルの検証”、第27回乱流シンポジウム講演論文集、(1995)、pp. 319ー322.
  • 73)Chuichi ARAKAWA and Hitoshi FUJIWARA, "Interference of Compressible Turbulent Flows with Shock Wave", The International Symposium on Mathematical Modeling of Turbulent Flows, Tokyo, (1995), pp. 119-124.
  • 74) Y. OHBA, C. ARAKAWA and K. SAKATA, " Predict of Loss of Tip Clearance Flow using Numerical Simulation of Three-Dimensional Turbine Cascade", Yokohama International Gas Turbine Congress, (1995), pp. 93-97.
  • 75) Y. QIAN, C. ARAKAWA, R. SUZUKI and Y. NIIKURA, " Analysis of Bulb Turbine Runner Performance using Advanced Three-Dimensional Numerical Techniques", 日本機械学会第72期通常総会講演会講演論文集、 VI, (1995)、pp. 215-221.
  • 76)Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA," Numerical Simulation of Incompressible Flow on Parallel Computer with the Domain Decomposition Technique", Parallel Computational Fluid Dynamics: New Algorithms and Applications, (1995), pp. 189-196.
  • 77)藤原仁志、荒川忠一、”圧縮性乱流のモデリングに関する研究”、数理解析研究所講究録921、流れの安定性と乱流統計、(1995),pp. 182-187.
  • 78) 藤原仁志、荒川忠一、”せん断流における圧縮性の影響”、第11回生研シンポジウム、(1996)、pp.93-100.
  • 79)鈴木正己、荒川忠一、高橋重雄、”ウエルズタービン型波力発電による大型ポンプの実海域駆動の問題点と解決法”、日本機械学会第73期通常総会講演会講演論文集、 III, (1996)、pp. 269-270.
  • 80)鈴木正己、荒川忠一、”波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性”、日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集、No.96-9, (1996)、pp. 243-244.
  • 81) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Application of Extrapolation Method to Incompressible N-S Equations on Massively Parallel Computer", 15th International Conference on Numerical Methods in Fluid Dynamics, Monterey, (1996), pp. 16-17.
  • 82) 荻野晴朗、荒川忠一、”DSMC法を用いた衝撃波と乱れの干渉の解析”、第12回生研NSTシンポジウム、(1997)、 pp. 77-82.
  • 83)荻野晴朗、荒川忠一、”DSMC法による衝撃波と渦の干渉の解析”、日本機械学会第74期通常総会講演会講演論文集、 I, (1997)、pp. 46-47.
  • 84)荒川忠一、浜島義之、荒木健悟、”CFDに関するインターネット論文集作成の試み”、日本機械学会第74期通常総会講演会講演論文集、 I,(1997)、pp. 15-16.
  • 85) Kenjiro SHIMANO and Chuichi ARAKAWA, "Application of Extrapolation Method to Poisson Equation and N-S Equations on Massively parallel Computer", Parallel Computational Fluid Dynamics, (1997), pp. 376-383.
  • 86) Yoshiyuki OOBA and Chuichi ARAKAWA, "Numerical Simulation of Unsteady Compressible Flow around a Circular Cylinder Using Subgrid Scale Model", JSME International Conference on Fluid Engineering, Tokyo, (1997), pp. 1295-1299.
  • 87) 岡野正明、荒川忠一、”LESによる超音速混合層の成長率の予測”、第29回乱流シンポジウム講演論文集、(1997)、pp.249-250.
  • 88) 浜島義之、島野健仁郎、荒川忠一、”連立解法を用いた一般座標系における非圧縮性流体の超並列計算”、第11回数値流体力学シンポジウム、(1997)、pp. 395-396.
  • 89) 鈴木良治、銭逸、荒川忠一、”レイノルズ応力モデルによるポンプ水車入口逆流現象の解析”、第40回ターボ機械協会総会講演会、(1998)、pp.47-52.
  • 90) 斉藤健児、浜島義之、島野健仁郎、荒川忠一、”連立解法による非定常非圧縮性流体の超並列計算”、日本機械学会第76期全国大会講演論文集Ⅱ、(1998)、pp.15-16.
  • 91) 長田光広、荒川忠一、”LESによる3次元円柱回りの流れの解析”、日本機械学会第76期全国大会講演論文集Ⅲ、(1998)、pp.83-84
  • 92) Y.Qian, R.Suzuki and C.Arakawa, “Multiple Channel Computations of 3-D Unsteady Simulation In A Pump-Turbine Using Zonal Techniques”, Proceedings of the XIX IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Cavitation, Vol.1, (1998), pp.183-191.
  • 93) 藤原仁志、松尾裕一、荒川忠一、“圧縮性を考慮した圧力歪み相関項のモデリング”、第12回数値流体力学シンポジウム、(1998)、pp.197-198
  • 94) 飯田誠、松宮ひかる、荒川忠一、“擬似圧縮性解法による三次元風車の数値解析”、第12回数値流体力学シンポジウム、(1998)、pp.525-526
  • 95) 長田光広、荒川忠一、“LESによる3次元円柱周り流れの解析”、第12回数値流体力学シンポジウム、(1998)、pp.177-178
  • 96) M.Suzuki and C.Arakawa, “Guide Vane Effect of Wells Turbine for Wave Power Generator”, Proceedings of the Ninth International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, (1999), pp.162-168.
  • 97) 鈴木正己、荒川忠一、“数値解析による波力発電用ウエルズタービン周りの流れ”、日本機械学会1999年度年次大会講演論文集Ⅳ、(1999)、pp.199-200.
  • 98) 鈴木正己、宮下秀三、市川保正、斎藤静雄、荒川忠一、“煙風洞を利用した物体周りの流れ”、日本機械学会1999年度年次大会講演論文集Ⅴ、(1999)、pp.470-471.
  • 99) Mitsuhiro NAGATA and Chuichi ARAKAWA, “LES Analysis of 3D Flow around a Circular Cylinder”, Kobe International Gas Turbine Congress, (1999), pp. xxx-xxx.
  • 100) 鈴木正己、荒川忠一、“ ”、日本機械学会1999年度流体工学部門講演論文集、(1999)、pp..
  • 101) 飯田誠、松宮ひかる、荒川忠一、“ ”、日本機械学会1999年度流体工学部門講演論文集、(1999)、pp..
  • 102) H.FUJIWARA, Y.MATSUO and C.ARAKAWA, "A Turbulence Model for the Pressure-Strain Correlation Term Accounting for the Effect of Compressibility", Engineering Turbulence Modelling and Measurements-4, (1999), pp. 155-164.
  • 103) M.Suzuki and C.Arakawa, "Guide Vane Effect of Wells Turbine for Wave Power Generator", Proceedings of the Ninth International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, (1999), pp.162-168.
  • 104) M.NAGATA and C.ARAKAWA, "LES Analysis of 3D Flow around a Circular Cylinder", Proceedings of International Gas Turbine Congress 1999 Kobe, (1999), pp. 519-524.
  • 105) 鈴木正己、荒川忠一, "数値解析による波力発電用ウエルズタービン周りの流れ", 日本機械学会1999年度年次大会講演論文集,(1999), pp.199-200.
  • 106) 鈴木正己、宮下秀三、市川保正、斎藤静雄、荒川忠一, "煙風洞を利用した物体周りの流れ", 日本機械学会1999年度年次大会講演論文集、(1999)、pp.470-471.
  • 107) 飯田誠、荒川忠一、松宮ひかる, "擬似圧縮性解法による三次元風車の数値解析", 日本機械学会1999年度流体工学部門講演論文集、(1999)、pp.491-492.
  • 108) 鈴木正己、荒川忠一, "波力発電用ウエルズタービンのガイドベーン特性の解析", 日本機械学会1999年度流体工学部門講演論文集、(1999)、pp.503-504.
  • 109) 荒川忠一、斎藤健児、浜島義之, "連立解法による非定常非圧縮性流体の超並列計算", 日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集、99-5, (1999), pp.503-504.
  • 110) 荒川忠一、豊田郁夫, "直交適合格子法による複雑形状物体周り流れの解析", 日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集、99-5, (1999), pp.505-506.
  • 111) 荒川忠一、荒木健悟, "オブジェクト指向連立解法による非圧縮性流体数値解析", 日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集、99-5,(1999), pp.507-508.
  • 112) 謝正海、荒川忠一, "KIVAによるガスタービン燃焼器のシミュレーション", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.28.
  • 113) 斎藤健児、荒川忠一, "LES導入を目指した非定常非圧縮性流体の超並列計算", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.170.
  • 114) 豊田郁夫、荒川忠一, "直交適合格子法による円柱周り流れの解析, 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.248.
  • 115) 飯田誠、荒木健悟、荒川忠一、松宮ひかる, "水平軸風車における重合格子法を用いた数値シミュレーション", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.143.
  • 116) 鈴木正己、荒川忠一, "数値解析によるウエルズタービン翼面上の流れと生成機構の推定", 第13回数値流体力学シンポジウム, (1999), pp.144.

1999年以前

  • 研究論文:
  • 著書:
  • 1) 田古里哲夫、荒川忠一、”流体工学”、東京大学出版会, (1989).
  • 2) 荒川忠一、”数値流体工学”、東京大学出版会, (1994).
  • 3)藤原仁志、荒川忠一、“乱流入門”、東海大学出版会, (1998)
  • (多数共著)
  • 4)“アドバンスト・コンピューティング”、有馬朗人・村上周三・金田康正共編、培風館、(1992).
  • 5)“熱流体とコンピュータアナリシス”、平田賢・岡本史紀、日刊工業新聞社、(1997).
  • その他(研究以外の雑文等):
  • 1) 荒川忠一、”カールスルーエ大学”、流れの可視化, 7-24, (1987), pp.53-55.
  • 2) 荒川忠一、”カールスルーエの夢”、ターボ機械, 17-7, (1989), pp.15-17.
  • 3) 荒川忠一、”東京大学機械系三学科における教育用煙風洞の紹介”、流れの可視化, 10-35, (1989), pp.40-42.
  • 4) 小林敏雄、荒川忠一、”最近の国際会議を顧みて―数値解析を中心として―”、 ターボ機械, 19-1, (1991), pp.54-57.
  • 5) 荒川忠一、”Launder教授の手作り乱流セミナー”、ターボ機械, 17-7, (1989), pp.15-17.